テニス ダブルス リターン。 テニス ダブルス サイドの決め方

テニス ダブルス サイドの決め方

恐らく、大抵のプレーヤーはサーブが大切なのは判ってるはず。 特にブロックリターンはインパクトがかなり大切なのでなるべく過激なスイングを避けましょう。 マナーとして、 ミックスダブルス(男女混合)の場合は、 サーバーが女性の場合は、レシーバーも女性にするという暗黙のルールがあります。 ボレーヤーは球が打たれる直前くらいに動き始め、ポーチボレーをします。 いかがでしたか? ダブルスのルールや動きを簡単にまとめておくと、• まず、ボレーする人と球出し側にわかれましょう。 ストレート止めをする人はネットにしっかりと詰め、球出し側はベースラインから1,2mほど内側に入って球出しをします。 この場合、スピン系のサービスよりスライス系の回転で低く弾まない弾道の方がリターンがしにくいと思うので、曲がりながら体に食い込むようなボディーサービスを目指しています。

Next

テニスダブルス、リターンの心構え、前衛のストレートを攻める、相手に意識させる

それよりも、ショットの組み合わせを工夫して相手ペアの連携を崩せば、楽にポイントを取れる。 もちろん、バックハンドのスピンは練習を継続すべきですが、バックハンドのスライスリターンでもポーチされない工夫をすることの方が先決でしょう。 スマッシュ側は どんなに深いロブが来てもとにかくスマッシュを打ち続けます。 ダブルスの場合は ポーチを打たれないようにリターンを打つ必要があります。 アイフォーメーションの前衛は姿勢を低くする 画像 この陣形では、 2人の動きが重なってしまうとオープンコートができてしまい、簡単にポイントを落としてしまうので、重ならないようにしなければなりません。

Next

テニスのダブルスのルール!図解でわかりやすく解説!

特にサーバー側の実力が上、前衛が下、という凸凹ペアを相手にした際には、もう全部ストレートに展開しても良いくらいです。 5mほどコートの内側に入ったところから球出しする人が立ちます。 まず シングルスよりもボールを捕らえるタイミングを速くしましょう。 リターンゲームの一番最初に、 フォア側か、バック側か、 を確認するかと思います。 テニスのリターンの打ち方!中級レベルはしっかり返すこと! 中級になったばかりの人と、中級になってから長く練習している人でも技術の習熟度は違うでしょう。 苦手だったバックハンドもこのDVDのお陰で克服できました。

Next

【テニス】ダブルスのリターン戦術9つ。基本のコースから応用戦法まで。【試合で勝ちたい人向け】

クロスへのドロップショット 相手のサーブが短かったり、 セカンドサーブでこちらに余裕がある時に 打ってみましょう。 ダブルスは 2人でやるために、自分たちよりも上手だと思っている相手ペアに対しても、自分たち 2人がセオリーと戦略を知っていることで競り勝つ可能性があるというところがダブルスの面白いところです。 アプローチショットを兼ねても良いですね。 以前からスピンサーブに憧れていたものの、打ち方が分からず威力もないため、全然使い物になりませんでした。 意義 スピンをかけて短いスロトークを打ったり、短いボレーやスライスなど繊細なタッチを練習する。

Next

「テニスでダブルス巧者のリターン」を身に付ける為の4つの視点

世界のシニアツアーを転戦し、ITF45歳以上複3位にランクされるプロ。 1.ユニットターンで打つ これがもっとも基本的なリターンの打ち方です。 これもストレート攻撃の一種です。 逆にリターンのポジションからネットまでに距離がありますので、しっかりテイクバックして打つ必要があります。 失敗サービスを打ったときの状況は? この時はバックサイドのリターナーがえげつなく、早いタイミングで叩いてくる人でした。

Next

テニス ダブルス サイドの決め方

ドロップショット気味に打てればそれでも良いですし、とにかく前衛の届かない所に打てればもう少し深くてもよいです。 2対1ロブスマ• 自分のペアのサーブのときは、前衛の人は ポーチを狙います。 非常に実戦向き、な攻撃的なロブリターンでしょう。 練習のコツ この練習で注意するべきことは• ミックスダブルスですねw ミックスは、男性がバックサイド側、 女性がフォアサイド側という形がほとんどですが、 実は、これも最適ではありません。 簡単にポーチされないように、ストレートにも打つ、ロブやショートクロスも使うなどの配球に工夫しましょう。 練習方法 コートは1面を使います。 私は、以前サイドの決め方について、 特に考えたことがありませんでした。

Next

テニスはリターンを上達させることで勝率が2倍になる。ミスを激減させるコツ

(スライス系のブロックリターンではそもそも使えないですが) フラット系で打つときもストロークの時みたいに果敢にワイパースイングしてしまうとミスを連発しますので気を付けましょう! 少し面白い動画を見つけたのでご紹介します。 ボレーヤーはこれをボレーしましょう。 (サービスダッシュに対して)リターンを確実に沈める• 前を取られたらロブを効果的に使う などです。 シングルス専門の方はダブルスのリターンにしばしば苦労してます。 何となく打ってしまったり、 しまいにはどこに打っても 前衛に取られてしまう気がして、 消極的なリターンゲームになってしまいます。

Next