えきねっと アプリ。 Androidアプリ 「えきねっとアプリ」 (旅行&地域)

‎「えきねっとアプリ」をApp Storeで

iOS版は準備でき次第配信する。 なおかつ値段が高い、4年前から比べると2000円近く値上がりしています。 現在は特急列車1名分の予約のみで将来的には複数名での予約も可能にする予定 ご覧の通り特急列車に特化したサービス内容になっています。 モバイルsuicaアプリからの移行組です。 ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• - 「えきねっとチケットレスサービス」での在来線特急列車のご利用には別途乗車券が必要です。 信用問題にかけますね。 なので、スマホからアプリで新幹線eチケットを利用できず(モバイルSuicaアプリもえきねっとアプリもダメ)、これはどうにかして欲しいです。

Next

JR東日本、在来線特急予約の「えきねっとアプリ」。新幹線対応も予定

それゆえに上記のサービス改善も、「えきねっと」のシステムのみで解決する部分で行われている。 また、えきねっとWebサイトで提供している最大2か月分の事前受付サービスは対象外となり、えきねっとアプリからは乗車日の1か月前から予約が可能となる。 メリット 1.切符を受け取る必要がない これは大きいメリットと感じました。 ・えきねっと特典適用の場合: 3ヶ月以内で何度でも変更可• 新幹線、特急車両のきっぷ予約• 電子的に出来て楽になるはずがイライラの元になっている。 列車が運休や遅れた時って、大抵の場合、列車を変更したり、切符を払い戻しをする人たちで、窓口は大混雑なんですね。 しかも、改札通ったあとに座席を確認したつもりが、すでに帰りのキップが表示されていたみたいで、間違った席に座ってました。 ・えきねっと特典適用の場合: 1名あたり手数料320円• ・えきねっと特典対象外の場合: 1回限り• 特急列車を使わない人にとってはわざわざアプリをダウンロードする必要は今のところ無さそう… えきねっとアプリのダウンロード方法 えきねっとはアンドロイドであればGoogle Play StoreとiphoneなどのiosであればApp storeでダウンロードすることが出来ます。

Next

チケットレスサービス特化「えきねっとアプリ」を開始【JR東日本】

よくこの状態で完全移行しましたね。 笑 どう考えても手間が増えているし、えきねっとに登録し直させるあたりも非常に面倒。 少なくともiPhoneのsafariで予約することを考えると。 自分もその一人。 <ご利用上の注意> ・チケットレス乗車には、人数分のICカードが必要です。 時間に余裕があるならば、家や会社でゆっくり落ち着いて乗車券の予約をすればいい話ですが、移動時間や待ち合わせなどの時間を有効に使って済ませたいという方には本アプリがオススメ。 一方、航空券の場合は航空会社のサイトだけでなく、旅行会社などのサイトでも予約でき、さらに航空券とホテルなどをまとめて予約できる例が多い。

Next

JR東日本、在来線特急予約の「えきねっとアプリ」。新幹線対応も予定

複数列車を1度にお申込みの場合はえきねっとWebサイト(PC)の「乗継」メニューからご利用ください。 複数名でご利用の場合はえきねっとWebサイトからご利用ください。 \総ダウンロード数500万件/ お客さまの日々の列車の移動や駅の利用が、もっと便利で快適になるために。 予めご了承ください。 再度ログインする必要あり。 独占企業という座に胡座をかいて、切磋琢磨を怠ってきた当該企業は、アプリという形でその本質を曝け出している。

Next

Androidアプリ 「えきねっとアプリ」 (旅行&地域)

アプリで全て完結できないし、新しくなるたびに価値が下がっていくという最近では珍しいアプリ。 また、受け取り可能時間は5:30~23:00、各駅の「 指定席券売機」「 みどりの窓口」「 みどりの券売機」の営業時間内です。 どこからでも『えきねっと』の会員サービスを利用することが可能です。 面倒くさい。 指定席の発売はみどりの窓口と同様、始発駅を発車する日の1ヶ月前(前月の同じ日)の10:00からとなるので注意が必要です。 一度購入した予約を登録し、別の日に同じ列車の同じ座席をスムーズに予約できる。

Next

えきねっと・JR東日本アプリが連携、スムーズな指定席予約が可能に

Web版の「えきねっと」にてチケットレスで予約する場合と比べ、乗車駅・降車駅の選択がかなり容易になりました。 新幹線はチケットの購入のみで、肝心な乗車変更は結局Webサイトに飛ばされます。 現地観光プランの紹介• JR東日本は28日、インターネット予約サービス「えきねっと」のスマートフォン向けアプリとして、在来線チケットレスサービスに特化した「えきねっとアプリ」のAndroid版 Android OS 9. 「えきねっとアプリ」のホーム画面イメージ JR東日本提供 「えきねっとアプリ」は、ログイン時にTouch ID 指紋認証 、Face ID 顔認証 といった生体認証が利用可能で、ホーム画面で次の乗車予定をひと目で確認できるといったスマートフォンアプリならではの機能を搭載。 eki-net. モバイルSuicaアプリから予約する仕組みにすると、Suicaのチャージから引き落としもできるのではないかと思っていて、それだったらクレジットカードを持っていない人でも新幹線eチケットがつかえるんじゃないのかなって思うですが。 起動後にマイシートを押下すると必ず落ちます。 モバイルSuicaの方が断然使いやすかった。

Next

「えきねっとアプリ」で不正アクセス、3729件のアカウントに被害

まず、えきねっとで予約してから乗車するまでに、駅に行く必要がなくなります。 4.自動改札機を通過した後、不安に感じる(2020年3月時点で) 前述の通り、新幹線eチケットを利用するには、えきねっとにSuica ID番号を登録する必要があります。 直接えきねっとに問い合わせたが対応してもらえず。 予約は乗車日の1ヶ月前から可能です。 予約は乗車日の1ヶ月前から可能です。 せめて改札出て使用済みになってから次のキップを表示させてほしい。

Next