エクセル 重複 色。 エクセル:重複した内容のセルに色をつけてダブリチェックするには

Excel2010

そんな時に重複チェックを簡単に行えると良いなと思いますよね。 重複チェックをして色をつけるには、条件付き書式を使って行うことができます。 範囲はC1:C10として検索条件を「10」にします。 「氏名」欄と「生年月日」欄で、それぞれ別々に重複チェックを行ったので、両方に色が付いていれば、同一人物のデータが、表の中にある可能性が高いということになります。 逆に、予約がキャンセルになって名前を消すと空白になるため色が付きます。

Next

エクセルで重複データに色を付ける方法(セルと行に色を付ける)|Office Hack

同じ顧客名ですが、別な会社のようです。 2.「重複する値」というウィンドウで値が「重複」になっていることを確認 次に、「重複する値」というウィンドウで、値が「重複」になっていることを確認してください。 顧客マスタなど、重複データしたデータが入力されていてはいけないリストがあります。 空白の場合に付けたい色を選択して「OK」をクリックします。 条件付き書式の重複チェックでは、同じデータがあるかどうか確認したい範囲を、最初に選択することから始めました。 [ホーム]タブ、 [スタイル]グループにある[条件付き書式]ボタンをクリックし、 [セルの強調表示ルール]から[重複する値]をクリックします。 こうすれば、各行について一意のデータとなり、各項目のデータについて個別にチェックする必要もありません。

Next

エクセル 重複回数での色変更

今回は、「お気に入りのカクテル」の重複データを抽出します。 関数を実行すると、下図のように数字が表示されます。 確認してみると正しいのが分かりますね。 空白セルに色を付ける 続いては予約表。 エクセルでは重複データをチェックできます エクセルで大量のデータを扱っていると同じデータを入れてしまったり、同じデータが入っているデータを渡されたりすることがあります。 データを入力する前から考えておきたいこと 例えば、同じ住所があるかどうかを見たい場合、「住所」欄に重複チェックの条件付き書式を設定すればよいわけですが、同じ住所にもかかわらず、一方は都道府県名から入力していて、一方は都道府県名は入力せず市区町村名から入力していると、データはすっかり同じではないため、重複とはみなされません。

Next

重複データに1クリックで色を付ける!エクセル条件付き書式で簡単に

先ほどと同じ成績のデータを使って色を付けてみます。 数字が省略されていますよね。 重複している値 が入力されているセル に書式が適用されます。 このため、同じ性別で同じ「お気に入りのカクテル」の行が削除されることとなります。 今回の「重複データに色を付ける」は「条件付き書式」と「COUNTIF関数」のコンビネーションによるテクニックでした。 ここでは、「性別」と「お気に入りのカクテル」が重複しているデータを削除しました。

Next

重複データのチェックを条件付き書式で行う:Excelの基本操作

今回は、資料送付リスト「社名」で重複している部分の2個目以降に印をつけていくよう求めていきます。 セルの書式が違っている セルの書式が違っていても重複とみなされない場合があります。 [ホーム] タブをクリックし、スタイルグループにある [条件付き書式] から [セルの強調表示ルール] の [重複する値] をクリックします。 今回は、「お気に入りのカクテル」の重複データを抽出します。 下図では、セルに塗りつぶしの色が適用されるように設定しています。

Next

【Excel】1行おきに色を付けると大きな表でも見やすくなる!エクセルで行の背景をストライプにするテク

先程の重複削除した値と同じものが残っていると思います。 ここでもう一度確認をして「OK」します。 重複しているデータに色を付ける 上記の方法で抽出したデータに色を付けることもできますが、この方法ではデータを入力したときに自動で色を付けられます。 以下の画面が出てきますので、列の条件を入力します。 1番上のセルの入力ができたら全ての行にコピーしましょう。

Next