コナン ss。 コナン小説「告白」

コナン小説

「帰りはちゃんと家の前まで送るから」 氷川が蘭にそう言うと、コナンはジトッとした瞳で彼を睨んだ。 記憶力がいいのも考えもんだぜ。 「ああ。 俺だって楽しんでやってきた」 コナン「でも今回は別だ」 博士「だ、だったら光彦くん一人なら大丈夫じゃな!?」 博士「じゃろ? 新一? 頼む! 使ってくれんと生活できんのじゃ」 コナン「ちっ……なんだよ。 しかしただ模倣をしてまとめサイトに載りたがるような輩が増えすぎて…」 コナン「博士…」 阿笠博士「ワシが奇天烈な発明をして『くれぐれも悪用するなよー』というフレーズを添えればそれでレスが付くという軽々しい風潮にはウンザリなんじゃ」 コナン「たしかに最近のコナンSSはそればっかりだな…」 阿笠博士「現に皆、コナンSSに飽きて来ておる。

Next

阿笠「哀君ついに出来たぞ」灰原「新しい発明品かしら」 : コナン SS

うちが大事な話してる時に.... 自分のこと少しは知ってもらいたいって蘭をデートに誘ったのよ」 「ええっ!誘いを受けたの、蘭ねーちゃん!?」 「うん。 」 古畑「なるほど~では密室のトリックを解かないと犯人の特定は難しいですねぇ~」 小五郎「いえ、密室のトリックも犯人も既に解けました!」 小五郎「奥さんの手口はこうです。 91 ID:Yya1EFdx0. :::人;;;;;;::::::::. ::::r ヽ::::.. もし、三雲礼司がその才能に目をつけられていたとしたら。 この方が話しやすいやろ?」 「なんの話だ?」 「決まってるやん。 おかげで、その後から走ってきたパトカーを全て止めることになってしまった。 追加と言ってもいいか。 固定観念に凝り固まった大人にはわからん話や」 平次はチラッと宝石のまわりに立つ警視や小五郎たちに視線をやる。

Next

名探偵コナン×ペルソナ5の小説情報

蘭に告白したってぇ男のことはすぐに耳に入ってくるからな」 で?もう諦めた?と聞いてくる工藤新一を氷川は見つめる。 ただ夜だし、足が必要なんでね」 コナンはそう言うと、ヘルメットを被り身軽にバイクにまたがった。 三雲の祖父はそのことを気にかけ、わたしを山根家の養女にしたんです」 「え?それってどうしてなの?」 コナンが尋ねると、彼女は目を伏せた。 28 ID:PEhRvahk0 コナン「いきなりどうしたんだよ博士!」 阿笠博士「思いかえせばワシは数々のコナンSSを書いてきた…だがもう限界を感じておる」 コナン「博士…」 阿笠博士「ワシが書いたSSを参考に後進の者達がコナンSSを書くようになった。 理由はいろいろ。 時期も合うし・・・蘭の奴、犯人の一人の顔を見たんじゃ・・! 「どうしたの、コナンくん?」 「蘭ねーちゃん。 平次はGジャンのポケットからハンカチを取り出すと、コナンの手を拭いてやった。

Next

コナン小説

」 蘭「関西では賢い男の子のことクドーって言うんだね」 蘭「たまに服部君がコナン君の事クドーって呼んでたの不思議だったのよねー」 コナン「おい服部」 服部「なんや?」 コナン「バーローこんな嘘すぐバレっぞ?」ひそひそ 服部「しゃーないやろ他に思い付かんかったんやから」ひそひそ コナン「ま、いっか…それよりよー服部」 服部「ん?」 コナン「なんか俺スゲー夢見ててさー」ひそひそ 服部「どんな夢や?」 コナン「それがさー ry」 本当におわり. 是非ともよろしくお願いします。 怪盗キッド!? どうしてこんなところに?と首を捻るよりも先に思い当たったのは、あの異常なくらい数の多かったパトカーと飛び回るヘリ。 怪盗キッド! 「お集まりの皆さん!これより時の魔術師がゲーム開始を宣言致します!参加は自由!制約もなし!そして謎を解いた勝者には素晴らしい商品が用意されている!ただし、参加される方にはそれなりの覚悟をしてもらわなくてはならない。 奴とは2〜3度顔を合わせているが、まだ正体は謎のままだ。 邪険にされるのはいつものこと。

Next

コナン小説「告白」

探偵が、あの場にいて何の疑問も覚えんやなんてどうかしてるわ。 「なあ、おまえさあ、もしかして毛利さんのこと好き?」 えっ!と氷川からの唐突な質問にコナンは真っ赤になってうろたえる。 うちの学校では蘭と新一くんは公認の仲ってことになってるから、そのことも彼知ってたと思うし。 「おい、コナン!明日はおまえがついていけ。 まるで女性にキスしたような感じだったので、コナンは男にキスしたという嫌悪感が湧いてこなかった。 あなたは私がこの屋敷を褒めた時に人の生き血で出来た薄汚れた屋敷と囁いた。 久しぶりなんやし。

Next

コナン「俺、思うんだ。世良って意外と…」

こちらは西園寺君です」 今泉「ちょっと古畑さん!僕も紹介して下さいよ!」 古畑「うるさいねぇ~君は。 俺だって楽しんでやってきた」 コナン「でも今回は別だ」 博士「だ、だったら光彦くん一人なら大丈夫じゃな!?」 博士「じゃろ? 新一? 頼む! 使ってくれんと生活できんのじゃ」 コナン「ちっ……なんだよ。 「んな顔すんなや。 いや!その前に他の奴なんかとつきあわせるかあ〜! 「あら?今日近くで花火大会があるのねv」 蘭が壁に貼ってあったポスターを見て嬉しそうに言った。 (ハハ、こりゃ死ぬな) 思わず笑いが漏れた。 これは垂金氏の資産家としての黒い部分を指して罵ったのでしょう」 西園寺「黒い部分。 クドー! 「じゃあ、依頼はその宝石を守ることだね。

Next

コナン「古畑任三郎?」 : コナン SS

ボウズも来いや。 」 コナン「さすが博士だぜ。 と、いうことなんじゃ」 コナン「全部喋ったのかよ?!」 遠山和葉 電話 「平次....... 「こらあ!なにをしやがんだ!公務執行妨害で逮捕してやる!」 まるで雷のような怒鳴り声とともにパトカーから降りてきたのは、キッド逮捕に執念を燃やしているあの中森警部だった。 「安易に蘭に告白なんかすっからだよ。 実際、何度か勘違いをした経験のあるコナンだ。 しかしそれは模倣であり創造ではなかった」 コナン「博士…」 阿笠博士「テイストを汲み取り建設的に新たな物を生み出してゆくならそれでよい。 今日の10~12時前後または16時前後に垂金氏と接触した人物は分かりますか?」 妻「それでしたら主人の担当医の浅井太郎先生と板前の巻原太郎さんが10~12時に主人と会っていますわ。

Next