ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド 続編。 【ブレワイ2考察】『ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド』続編考察!続編は厄災以前の過去が舞台?

【続編】「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド(BotW)」の新作の発売日や値段は?やはりSwitchがプラットフォーム?

泳ぐ、崖登り、パラセールによる滑空、盾サーフィンなどなど。 つまりブレスオブザワイルドは 怨念だけの登場であり、肉体は完全に復活していないのです。 ゼルダシリーズ経験者からすれば短いと感じるレベルでしょう。 サプライズで2019年末もありえなくはないが、もしかするとメトロイドの新作のほうが早く発売されるかもしれない。 ですが、続編のマップが前作と全く一緒だった場合、ハイラルのさまざまな土地をめぐって得られるあの感動を、再度新鮮な気持ちで味わうことができません。

Next

「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」の続編について青沼英二プロデューサーが語る

タイトルの『ブレスオブザワイルド』=『野生の息吹』という名前の通り、自然を重視した世界観になっていて、自然豊かな広大なハイラルの世界を探索し、武器や食べ物を現地調達していくサバイバル風のゲームとなっています。 reddit民がお送りします とてもワクワクしてる!あの赤い目は怖すぎる! 11. 山、崖、壁はすべてよじ登ることが可能。 文/ishigenn. そのためあの光の正体はゼルダの力と古代エネルギーを掛け合わせたものではないかと考えられます。 100年前の記憶では、彼女とリンクのやりとりを観ることができます。 ガノンが復活してから世界は荒廃に近づいていき、文明が崩壊して自然豊かなハイラルとなっています。 (画像はより) (画像はより) 『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』は2017年3月にNintendo Switch向けに配信された作品。

Next

【ゼル伝 続編発表!】ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編の世界を考察

怨念の塊である魔獣ガノンの形態でも怨念だけであり、肉体を持ちません。 しかし、目の前で肉体を持ったガノンが完全復活してしまい再びハイラルに危機が迫る。 今までのオープンワールド作品では、「特定のアイテムがないからここへは行けない」、「ここの敵は強すぎてまだ行けない」、「道が塞がれていて行けない」、「ここは登れない」、「ここは入れない」、「海があるからこれ以上行けない」……意外とそういうことが多かったです。 私としては前作のオープンワールドで自由にストーリーを進行できるという点は気に入っているので、前作のゲームシステムは続編でも採用してほしいところです。 『試練の祠』は今までのゼルダらしさが存分に出ているダンジョンなので、謎解きが好きなシリーズファンも楽しめると思います! 問題点・不満点 正直なところこのゲームをプレイしていて感じた不満はあまりなく、「強いて言えば」程度のものしかなかったです。

Next

【ゼル伝 続編発表!】ゼルダの伝説ブレスオブザワイルド続編の世界を考察

(買え) ゼルダシリーズ初のオープンワールドを採用した作品。 さらにその謎の手を動画ではリンクが操作しているようにも見えますが、間違えなくあの手はガノンを封印するための道具であり 力の源はゼルダの力だと思います。 ミファーとリンクはゾーラ族とハイリア人であるため、種族の壁がある恋愛。 不気味なBGM 5. 本作も個性的で魅力あるキャラクターたちが物語を盛り上げてくれます。 さらにその謎の手を動画ではリンクが操作しているようにも見えますが、間違えなくあの手はガノンを封印するための道具であり 力の源はゼルダの力だと思います。 敵が強くなり空中にも敵が現れるようになる高難易度モード「マスターモード」の追加。 『どうぶつの森』シリーズは、どうぶつたちのご近所さんたちとともに新天地で生活を築くという設定にフォーカスしています。

Next

『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』の続編が正式発表。リンクとゼルダの冒険がふたたび始まる

周回プレイ機能がなくても、100時間以上は十分に楽しめることは【ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド】で証明はされていますが、200時間、300時間とより一層楽しみたいので、続編ではぜひとも周回プレイ機能を搭載してほしいです。 ・腕の根本は螺旋状に広がる緑の光になって拡散している ・骸から、光る腕を伝って、 何かが外に吸い出されているように見える ここで、出来事の順番は分からないものの、 ・光る腕から広がるのと同じ緑の光がリンクの腕に流れ込む ・ゼルダ姫の腕を掴んで引き上げる?リンクの腕 ・獣が伏せたような遺跡の門 ・光る腕に掴み上げられるリンクの腕 ・崩れる床、落ちそうになるゼルダ ・ピクリと動く骸の指 ・「呪い」の舞うなか、振り向いて驚くゼルダ ・叫び、眼に赤い光を宿してこちらを向く骸 ・ハイラル城の周囲、かなり広い範囲からあがる土煙 ・地震、せり上がるハイラル城 ・光る腕は呪いを止めているようにも、何かを吸い取っているようにも見える ・動画では単に編集のためか、落ちかけるゼルダと腕を掴むリンクなど、順序が入れ替わっているように見える ・とすると、リンクが光る腕に掴まれるのと、骸が目を光らせるのはどちらが先か? などなど。 上から下に注がれているのか、骸から上に伸びているのか ・「呪い」は溢れ、ネズミのような小動物を飲み込み拡大している ・骸は装飾品などから高い身分?額の装飾は光っている ・骸の胸を、謎の光る腕が掴んでいるように見える。 今まで以上にイベントシーンが盛り上がりますよ! 本作の魅力 飽きさせないマップの密度 非常に広大なオープンワールドのマップを駆け巡れると言いましたが、もちろんただ広いだけなわけではありません。 reddit民がお送りします >>14 ダンジョンは間違いなく必要 16. メインストーリーはこのハイラルの 『歴史』を追体験するかたちで展開されると考えています。 任天堂がゼルダの伝説シリーズ新作、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編を開発中であることを発表しました。 『ガードジャスト』の判定はシビアなので最初は難しいと思いますが、慣れれば意外と成功させられるため、これができるとガーディアンを始めとして多くの強敵と序盤から渡り合うことが可能です。

Next

ニンテンドースイッチ本体&『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』3周年。発表から発売までを振り返る

といったところでしょうか。 最初に登場した形態は巨大蜘蛛のような形をしており、ガーディアンを取り込んで有合わせで作ったスクラップのような肉体です。 前作ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド はゼルダの伝説シリーズ全作品のなかでも、あるいはオープンワールドRPGゲームのなかでも突出した傑作として評価されただけに、直接の続編は大きなニュースです。 映像の最後では、ふたたび広大な大地が舞台となることが示唆されている。 ガノンドロフ軍とハイラル王国の争いが激化し、両者ともに疲弊していきます。

Next

新説立ててみた!ゼルダの伝説『ブレスオブザワイルド』の時系列を考察

任天堂がゼルダの伝説シリーズ新作、『ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド』続編を開発中であることを発表しました。 おそらく、ゲームシステムは前作同様オープンワールドを自由に駆け回れ、前作のマップに加え新しいマップが追加されるはずです。 このガーディアンを殴り倒せるようになってくると、リンクの成長を実感できるようになってくるでしょう。 不気味なBGM 5. 2019年3月 2017年4月. ダンジョンとなる祠は100個ほどありましが、町や村、城などが少ないと世界観そのものを小さく感じてしまうので、続編では追加で町や村、城などを増やして欲しいです。 reddit民がお送りします BoTWから使いまわししているのではないかと心配している人は、ムジュラの仮面をプレイしてこい。 それに加えてブレスオブザワイルドではプルアが研究していた 古代エネルギーというもの(ガーディンと神獣)で対抗しますがとどめを刺すことが出来るのはゼルダの持つ 女神の力か退魔の剣 マスターソードの力のみです。

Next