ハイキュー 394。 【ハイキュー395話ネタバレ】完成しない最強牛島と父が守ったギフト!|ワンピースネタバレ漫画考察

最新ネタバレ『ハイキュー!!』394

それに、 思いのほか納得した佐久早を見て、 飯綱は強く、そして まっすぐに佐久早に宣言した。 その考えにはプロ選手ならば、ケガというリスクを常に背負いながら、何時終わっても悔いがないようにという根底にあると推測できます。 サーブレシーブ、スパイク、サーブ。 395話を終えた段階で、日向の第三セットでの活躍が少ない感じがします。 既に出ている及川の現在や、 青葉城西勢だって、 宮城が会場なのにほとんど出ていないのは気になるところですしね。

Next

漫画『ハイキュー!!』394話最新ネタバレ予想考察!東北のウシワカ牛島若利の大砲炸裂!|マンガタリーネクスト

』の漫画を無料でお得に読みたい方は、ぜひこちらをチェックしてみて下さい!! 解約方法は以下のボタンからご覧ください。 妖怪世代大暴れの第三セット、BJはこのまま逃げ切れるのかと解説が入ります。 そのため、おそらく その葛藤を経た成長が 、ここからどこかに挟まってくるような気がしますね。 コートを去っていく飯綱は佐久早を見て、 お前どうせ「試合中にけがする可能性は常にあるだろ何泣いてんだ」とか思ってんだろ?と言います。 場面は試合へと戻り、星海の強烈な一本が決まって、アドラーズブレイクとなります。 288• 井闥山の佐久草はその時すでに誰もが認める強者だったが、同じく肩を並べる強者の強さの秘訣を純粋に聞きたかったのだろう。

Next

ハイキュー ネタバレ感想 最新394話【佐久早聖臣の考える「理想の最後」が超かっこいい!】

共同獣医学部に合格して、今度は失敗=死につながる職業に進む昼神。 かつて敗戦した犬伏東の甲斐とチームメイトで頑張っているようです。 星海光来、宮侑の「三刀流サーブ」を見事攻略• だからこそ、佐久早は 飯綱が試合後泣いているのを見て、「試合の怪我の可能性は常にあるから、泣く必要はない」と思っていたのを、 飯綱本人に見抜かれてしまった。 避けた昼神のテクニックを上手いと感心する木兎。 佐久早は日向がチームに入ってきた日の事を思い出していました。 牛島若利の成長が描かれる場合 ちょっと余談ですが、 私個人としては、実は 佐久早よりも牛島の方が描かれそうな予感がしています。

Next

【みんなの反応まとめ】本誌ハイキュー!!第394話 幸運な我ら

この頃には回転も極めていたのでした。 練習しているから…と答えると、佐久早はそれ以外で更に尋ねます。 — yuyu yuyu87433189 え、本誌見たすぎるやばい ネタバレ見ただけでも梟谷で号泣したんだが… ハイキューって激エモ。 今回は「【ハイキューネタバレ396話最新話速報】第三セット奪取の決め手は日向の左!!」と題し紹介していきます。 しかし、試合ではサウスポーであるウシワカのサーブを取れずに白鳥沢に敗退。 毎日毎日、人一倍練習することで他を寄せ付けない強さを手にすることができる。

Next

ハイキュー!!394話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想もまとめ|漫画大陸

試合はBJ18-AD14と、4点差に広がりました。 そして他の漫画やキャラにも言えるけど、特に木葉くんは…原作の方が何万倍もいけめんダ。 彼を支えるというより包み込んでいた、梟谷の面々が好き。 長きに渡りハイキューの中で圧倒的な存在として描かれてきた牛島若利がこの試合で活躍しないわけがありません! 次にスポットライトが当たるのは牛島若利の可能性が高そうですね! 古舘先生から、43巻は今日発売だけど無理せず読めるときに読んでねそんな事より皆元気?イラストが到着しました! まだまだ大変な状況ですが、ちょびっとでもハイキュー!! 試合前、活躍に陰りが見えていた牛島は、天童や岩泉の助言、父との再会などを経た結果、試合で新しい強烈なスパイクを披露しました。 牛島は父がトレーナーとして働くチームの練習を見に来たのだった。 佐久早の「理想の最後」 牛島との試合を楽しみにしていた佐久早は、あの年の春高で白鳥沢が予選で負けたと聞いた時は驚きを隠せなかった佐久早。 そして牛島との初めての出会いはまさかのトイレでした。

Next

【ハイキュー 394話 幸運な我ら】の内容をご紹介|大漫画時代

古森と佐久早 古森は佐久早との思い出を思い返していました。 コレを決められなければ明日自分の居場所はない、コレを決められない自分に明日の居場所はいらないと考えていた 日向がブロックアウトを狙われるのを察し、手を引っ込めようとするのに気づいた星海はそのまま強烈なアタックを決める。 スポンサーリンク 平等な世界 木兎の勢いはまだ続きます。 ある日、佐久早は出会ったのだ。 迎えた全日本中学校総合大会の試合会場のトイレで、佐久早は牛島と出会う! 几帳面な牛島の動作を見て、一目で気に入る佐久早。

Next

【ハイキュー394話】「幸運な我ら」週刊少年ジャンプ25号感想まとめ

その結果、犬伏東(いぬぶしひがし)高校に逆転負けを喫していた。 日向に対して春高バレーで途中退場した体調管理の出来ないダメな奴という変な二つ名をつけましたが、佐久早がウシワカを評価していた点も考えると、烏野が白鳥沢に勝利したチームという嫉妬、または八つ当たりのようなものも感じますが。 解説が日向は誰に上げるのかと言うと、日向がセッティングポーズを取り、影山がより警戒を強めます。 ブロッアウトを狙っていたことを察した昼神は手を引っ込める。 サーブは真っすぐ佐久早へ飛んでいきますが佐久早は綺麗にレシーブします。

Next

ハイキュー!!394話の最新話ネタバレ紹介!考察と感想もまとめ|漫画大陸

25ze4NYWc80 サクサ回、良いわ。 これまでの人生を振り返って感じた佐久早のこの言葉が胸にズシンと響いた。 ウシワカとはたまに対戦したり選抜で一緒だったりして聖臣はその度珍しく楽しそうでした。 運良く生き延びて、運良く人に出会い、運良く今日もバレーを続けている自分。 全日本中学のバレー大会に出場した佐久早。 強敵アタッカーとそれを巧みに操る影山の手腕によって、第三セットはアドラーズが持っていくのではないかと考えます。

Next