ネリ ロドリゲス。 ルイスネリ(ボクシング)の戦績と強さの本物度とは?海外の反応評価をまとめてみた結果

ネリの計量失敗でボクシング界の永久追放ある?ロドリゲスとの試合中止に世間や海外の反応は?

Boxing Scene. com 2017年8月15日• Boxing News(ボクシングニュース) 2018年3月1日• Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月24日• 王座陥落から日が浅くまだ若いこの2人の実力者が、米ラスベガスで現地時間の今月23日、ノンタイトル戦を行います。 スピード、カウンター、左右の打ち分けなどで両者ひけをとらず、 試合は接戦の可能性が濃厚です。 ストレッチの重要さもわかった」とコメント。 なのに2度もすっぽかされた。 Boxing News(ボクシングニュース) 2017年8月18日• その勢いは、井上選手もネリ選手も似ているようには感じました。 Boxing Scene. 山中戦で行ったことは決してゆるされることではありませんが、イコールネリ選手が弱いというわけでは決してありません。 日刊スポーツ 2018年3月3日• 「ネリは一言でいえば規律を守らない男。

Next

ルイスネリ(ボクシング)の戦績と強さの本物度とは?海外の反応評価をまとめてみた結果

そして、エマヌエル・ロドリゲスは怒りました。 既に眼中に無いとは思いますが、相手にしなくて良いと思います。 「パヤノ戦のトレーナー料をもらっていないんだよ。 その余波は広がっている。 逆に、井上さんがネリをぶっ倒す姿しか想像できませんね。 Boxing News(ボクシングニュース) 2016年10月23日• — os avusan 井上選手・・・追放にならなくても彼とは今後もやらないでください。

Next

ルイス・ネリー

もちろんリミット超過は問題なのだが、今回ネリが責められるのは猶予時間で体重を減らす努力を一切しなかったことだ。 中盤から倒し倒されの乱打戦の末、耐久力の差でネリが押し切り後半KO。 「彼の伝えたことはつまりこういうことです。 2020年2月17日閲覧。 ネリが有利だと思います。 だが1ポンドを落とすことなくキャリアハイの報酬を失ったネリの心理を察するのは難しい。 ナオヤ・イノウエと雌雄を決する時が来るだろう」とモンスターへ宣戦布告をしている。

Next

ルイス・ネリ体重超過でロドリゲス戦中止!! 井上尚弥「 ネリどうしようもねぇな、こんな奴にゴタゴタ言われたくない。ボクシング界から追放でいい。」

日本のファンにも興味津々だったWBCバンタム級挑戦者決定戦は残念ながら中止となった。 井上はスーパーフライ級の王座を7度防衛した後に王座を返上し、バンタム級で世界3階級を制覇するわけだが、バンタム級で最初の相手となったのがWBA世界バンタム級王者ジェイミー・マクドネル(英国)だ。 俄然山中慎介に思い入れがある私も、心の中では「ネリの方が強いかも…」と思ってしまっています。 『オレは減量するつもりはない。 ロドリゲス選手にとっては プロ初の黒星 初ダウン、初KO負け となってしまいました。 相手が弱いと非常に強いボクサーに見えるもので また、ボクサーどうしも相性がありますので、得意不得意はあります。

Next

ネリの金銭解決を拒否 怒りのロドリゲスを米識者擁護「NOと言った彼を評価すべき」

すごく感謝すべきなのに平気で裏切った」 地元の試合のユーチューブ中継で解説も務めるエルナンデス氏は続ける。 WBC世界バンタム級シルバー王座• 後は愛鷹VSカリミアンもカリミアンの肋骨の負傷って。 「ネリを凌ぐアドバンテージは彼の偉大な技術とアマチュア時代から凄まじいバックグラウンドに支えられるボクシングだ。 この試合でネリーは15万ドル(約1600万円)、パヤノは2万5千ドル(約270万円)のファイトマネーを稼いだ。 と言った意見ですね。

Next

井上尚弥戦は夢物語に。体重超過ネリは「規律を守らない」非情な男(三浦勝夫)

すでに報道されているように井上尚弥は「ネリどうしようもないな……。 実力拮抗でフルラウンドの激戦になる可能性も• 例えば、ガードが下がる癖 意識的? とか渾身の力を込めてパンチを打ち込むことに夢中になるあまり急所にジャストミートしない こともある 、中盤以降になると少し雑なボクシングスタイルになる、などなど。 スポンサーリンク ネリ選手vs井上選手 戦ったらどっちが強いのか? 批判的な意見ばかり多いネリ選手ですが、まず前提として理解しなければいけないのは ネリ選手は簡単に倒せる相手ではないということ。 だが、前日計量でネリが体重を超過。 とはいえ、 ネリは攻撃時に顔面のガードがガラ空きになることが多くあることから、ロドリゲスの切れ味鋭い左フックは、何発かネリの顔面を捉えると思います。

Next