マイナ ポータル。 マイナポータルとは

マイナポータルとは【2020年3月最新状況】できること・自治体が押さえておきたいポイント

これは、国の各機関間でのマイナンバーの連携が平成29年から行われるためです。 関連リンク• マイナポータルとe-Taxがつながります マイナポータルとe-Taxがつながります マイナポータルとは、政府が中心となり運営するオンラインサービスです。 マイナポータル側では事前に自身が加入する民間の保険会社からのお知らせを受け取る設定をしておきます。 新型コロナウイルスの経済対策である 10万円給付のオンライン申請には 日本政府が運営する マイナポータルが 使用されることになった。 無事に認証が完了すると、PCのブラウザ画面が切り替わり、マイナポータルのにアクセス可能となる。

Next

マイナポータル連携|e

マイナポータルで提供されている「代理人サービス」を利用して、電子申請・届出システム Liteの代理申請は行えません。 申請の中には、マイナンバーカードが必要な手続きと、マイナンバーカードがなくても行える手続きがあります。 今後の対応手続き数の増加や、マイナンバーカードの普及が鍵になるため、引き続き状況に注目していきます。 医療機関の観点では、患者の健康保険証の確認などの窓口事務が大幅に軽減される効果が期待されています。 2021年の3月時点では、医療機関の6割、2023年3月には全ての医療機関での導入が予定されています。 引越ワンストップとは、引っ越しに伴う自治体、電気、ガス事業者などの住所変更手続きなどのさまざまな手続きを一元化するサービスです。

Next

マイナポータルとe

ぴったりサービス(電子申請) マイナポータルのメイン機能である「ぴったりサービス」は、 子育て・介護・防災などの手続きが電子申請で行えるサービスです。 こちらも、初回アクセス時には利用者登録メニューが表示される。 これにより、プライバシー保護に配慮した厳格な本人認証が実現されます。 通常PCはマイナンバーカードの読み取り機能を搭載していないため、別途マイナンバーカードを読み取れるICカードリーダーライターまたはスマホが必要となる。 2017年11月13日 情報連携の本格運用開始とともに、マイナポータルについても本格運用を開始• セキュリティに関する注意 マイナポータルのセキュリティに関する注意が表示されます。

Next

マイナポータルAPに対応しているスマートフォンを教えてください。

背景としては、厚生労働省が行う「母子保健情報の利活用」を目的とした取り組みがあります。 2018年7月30日 マイナポータルのメニュー画面等、一部の画面で英語表記ができるようになりました。 紙の「通知カード」ではなく、プラスチックのICチップ付きカードが求められます。 手当金などを寄附したいとき• 参考: 内閣府 デジタルガバメント 閣僚会議 内閣府 デジタルガバメント閣僚会議 内閣府 「スマート自治体」の鍵となるデジタル化の波 全国の自治体では、手続きの デジタル化が大きく進みつつあります。 1)のFeliCaに対応した機種で、 カードリーダーなしにマイナンバーカードが読み取れるようになりました。

Next

トップ画面

そう考えると、特別定額給付金のオンライン申請は、事実上、現時点でマイナンバーカードを持っている人が利用するものと考えてよさそうだ。 ・ICカードリーダーライターを利用したマイナポータルへのアクセス手順 利用者登録が完了するとマイナポータルのメインメニューが表示される。 ぴったりサービスにおける各市区町村の電子申請の対応状況 「ぴったりサービス」での、各市区町村の行政サービスの対応状況を公開します(令和元年12月31日時点調査)。 マイナポータルへのログインについてご不明な点は、にお問い合わせください。 (2)スマートフォンをご利用の場合(Android端末・iPhone) 1. ・Cromium版Microsoft EdgeにマイナポータルAPをインストールする手順 マイナポータルAPインストールページが開くので、右の「Chromeに追加」ボタンをクリックし、マイナポータルAPをインストール。 お知らせ 行政機関等から配信されるお知らせを受信することができます。

Next

マイナポータルとは【2020年3月最新状況】できること・自治体が押さえておきたいポイント

公金決済サービス マイナポータルのお知らせからネットバンキング(ペイジー)やクレジットカードでの公金決済が可能となります。 ・PCおよびタブレットでスマホと連携したマイナポータルへのアクセス手順 オンライン申請は、事実上現時点のマイナンバーカード所有者向け 特別定額給付金のオンライン申請のメリットは、マイナンバーカードを利用した個人認証を行なうため、別途本人確認書類の提出が不要でスピーディに申請が可能という点だ。 マイナポータルの詳細はこちら「(外部リンク)」をご覧ください。 自治体職員に対しては、マイナンバーカードの率先した取得が求められています。 この利用者登録が完了すると、マイナポータルへのログインが完了し、メインメニューが表示される。

Next