バンギラス チョッキ。 第8世代での過去作600族を考察(バンギラス・発売前)

カウンターバンギラスの調整(仮)

特性により発生する砂嵐により火力の底上げをし、さらにタスキ潰しもできる、流石は600族といったところですね。 「れいとうパンチ こおり技打点 威力75 命中100 「サザンドラ」「ドラパルト」などのドラゴンタイプやめんどくさい「カバルドン」の打点にもなる。 最強クラスの特殊アタッカーである、 サザンドラまで考慮するならば「 ばかぢから」も入れておくようにしましょう。 天候パーティーが大幅に減少したこともあってバンギラスの使用率も減少したとは思いますが、それでもまだまだ環境上位です。 物理受けポケモンの虚をつき、突破出来るようになる反面、バンギラスミラーをはじめ、「とくぼう」が高いポケモンで止まるようになってしまうので、仮想敵をしっかり見極めて使用しましょう。 対策としても優秀。

Next

【ポケモン育成論まとめ】(メガ)バンギラスの調整と対策『ソード・シールド/剣盾』

ロックブラスト(対ミミッキュ)• メガ進化の中でも珍しく純粋な種族値底上げのみでしたから、他のアイテムや立ち回りでカバーできるでしょう。 そして命の珠は持たせるポケモンを限定せず、メガシンカよりもよほど奇襲性が高いです。 6〜162. それと相性のいい味方ですが、あれから何回か回し耐久に振ったウルガモスがとても使用感が良かったです。 バンギラスの型 じゃくてんほけん型 「バンギラス」の持ち物で良くあるのは、「じゃくてんほけん」です。 変化技 タイプ 命中 備考 りゅうのまい 竜 - 攻撃・素早さ補強。

Next

【育成論】突撃チョッキラプラス【ポケモン剣盾】

全く読まれない。 マッハパンチで縛れる。 レート上位のPTは決まってほぼ同じ。 サンムーンのストーリーはレート環境を表している。 メガシンカ型においても、メガシンカと同時にきんちょうかんの効果が切れるため意味がない。

Next

バンギラス調整・努力値振り・技構成・対策ポケモン剣盾育成論

特殊アタッカー型 バンギラスが基本的に 物理アタッカーとして採用される、という意識を突いた型で、95という低くないCと、覚える特殊技の豊富さから成立しています。 持ち物• うずしおについてはに記載。 鋼タイプでないにも関わらず等倍が4タイプしかなく耐久値も高いためじゃくてんほけんとの相性が非常にいい。 ちなみにこの振り方だと実質的なD種族値が250、種族値合計が750となり多くのメガシンカ勢をも上回る種族値となります。 評価は5で。

Next

第8世代での過去作600族を考察(バンギラス・発売前)

あくのはどう(通りの良いタイプ一致メインウェポン。 露骨な後出しをすると読まれるが、対面で悟られる可能性は低い。 ストーンエッジ ファイアローやリザードンY、オンバーンなどへの遂行技。 そちらも見ていただければ幸いです。 ・:一致技半減・すなあらし無効。 6% 乱数1発(62. またダイマックス前提のような文面であり、加えて先ほどの話を考慮すると必ずしもダイフェアリーを2耐えする必要はありません 乱数切り程度でよい。 素の能力の高さ、カスタマイズ性の高さから愛用者も多く、 シングル・ダブル問わずあらゆる環境でトップメタに名を連ねる強豪である。

Next

【育成論】突撃チョッキラプラス【ポケモン剣盾】

6〜135. 主にダブル用。 ハイドロポンプ・なみのり(予想外の水わざ。 ぼくはシーズン1でHAチョッキバンギを愛用してました。 一応ギルガに対してですが、交代読みでかみくだくを打ち込めなければ、対面でじじん連打で 聖剣のないギルガは倒せました。 耐久目安 H252振り おくびょうのへんげんじざいZくさむすび64. しかし、元々ここまで高い特殊耐久に、火力を落としてまで更に補正をかけるかどうかは、十分に塾考を重ねてから決めたいところです。 ダイマックスして技を受ける必要がなく、繰り出したターンから高火力を出すことができる。

Next

バンギラス

皆、強いポケモン以外は使わない。 基本、相手にギルガルドが見えた場合受けで固めた選出はできないので受けループ要因以外での選出を考えます。 このサイトの特性上、自分を含め初心者にも育成論を拝見してもらう為、これでは明らかに不十分と感じました。 繰り出しから遂行or負担の二択=サイクル戦になっている。 わんぱく(物理受け)• 状態異常や天候ダメージはターン終了時に判定が出るので適用外 設置技ダメージのみ例外。

Next