インテリジェント ルーム ミラー。 新型セレナe

日産インテリジェントルームミラーが2020年春に次世代版、夜間の見え方改善

しかし、今回新発売された新型セレナe-POWERに用意されているインテリジェントルームミラーの場合、慣れていないこともあり、後方の距離感がパッとつかめません…。 これは、次世代インテリジェントルームミラーの開発の一幕。 登録も60秒ほどで終わりますし無料です。 次世代版インテリジェントルームミラーの外形寸法は現行製品よりも小さくなり、通常のルームミラーと同等のサイズになった。 【おすすめ記事】 セレナが値引き金額から、更に50万円安くなる裏ワザとは? セレナの新車がほしい! 今、あなたはワクワクしながらセレナのことを考えていると思います。 全然遠くに焦点が合っているわけです。

Next

トヨタやアウディを圧倒、「電子ミラー」の難題を日産が解決できた舞台裏

そこで、今回はメーカオプションの中でもっとも悩まされる、セーフティーパックにしぼって紹介していきたいと思います! セーフティパックは、運転時の安全性を高めるオプションで、3種類あります。 座席をスムーズに動かすためにも、ディーラーオプションのフロアカーペットははずせません。 「あっちこっちディーラーを回るのは大変…」• また光学的な反射現象を使用した装備であるため、後続車両のヘッドライトが明るいと運転に支障をきたすことがあります。 特に新型セレナe-POWER SERENA e-POWER は3列目シート中央のヘッドレストが大きいので、ヘッドレストを装着すると、後方の視界は著しく低下します。 日産だけでは量産規模を確保できず 通常、自動車メーカーが部品メーカーに開発費を支払うと、その成果物は他社には供給できない。

Next

インテリジェント ルームミラー

今回ご紹介したもの以外にも、さまざまなオプションが、メーカー、ディーラーともに用意されています。 例えば料金所など、白線がなくなる場所では、この機能は自動的に解除されるため、ハンドルから手を離してよそ見ができるほどの信頼性はまだありません。 「夜間の画質の低さは開発した本人としても気になっていた。 このようにいうと「自動運転」を期待してしまいますが、あくまでも「サポート」ですので、過信は禁物です。 「値引はしてくれるのかわからない、どこで買っても一緒じゃない?」 などなど、悩みは尽きません… と悩んでいる方は非常に多くいらっしゃいます。 コストを下げるのは重要ですが、かえって高くついてしまう場合もありますので、失敗したくない場合は、ディーラーオプションに決めれば間違いないでしょう。 その一つが、後方を確認した時の違和感です。

Next

インテリジェント ルームミラー

ただ、「この大きさがいいという声もあり、市場の反応を見てみなければ分からない部分もある」(日産自動車の担当者)。 「どのパックも採用しない」という選択肢ももちろんありますが、表にあるオプションは基本的に個別に取り付けることができません。 また、各機器のラインナップはそれぞれひとつづつしかないので、こだわりがあっても選ぶことができません。 液晶モニターとミラーを重ねて使用すると、通常では後方からの光がミラー反射とモニター透過によって2重像現象を発生させ、良好な視界が得にくくなりますが、「インテリジェント ルームミラー」は内部構造を工夫することによって、カメラの画像を映し出す液晶モニターと通常のミラーとの切り替えを可能としながら2重像現象のない機能を実現し、世界で初めてルームミラーへの採用を可能としました。 さまざまな環境でクリアな後方視界を確保します (左)立体駐車場(中)雨天時(右)逆光時 走行中に後方の状況がはっきりとわかっていると、安心して運転することができます。 外装などの「形」に影響するものや、プロパイロット、エアバッグといった「システム」に影響するものがあります。

Next

セレナ【新型C27】のオプションをメーカーオプション・ディーラーオプション別に紹介!

後方を確認するツールだけに壊れてしまうと運転が出来なくなることも。 やや大振りなi8のルームミラーに映し出されているのは、ちょうどサンルーフから頭部を出して後方を眺めたような合成画像。 そこで活躍するのが、「インテリジェントルームミラー」。 鏡で後方を映しているのではなく、バックカメラの映像を映しているのです。 従来のサイドミラーをカメラと車内に置いたディスプレイで置き換える「デジタルアウターミラー」や、微小な入力にも応答する「スウィングバルブショックアブソーバー」といった「世界初」(トヨタ自動車)の技術も採用している。

Next

新型セレナe

さらに、後席専用モニターやETCも、同じく専用ナビと連動できますが、連動が必須と思えるほどのメリットはありません。 車を選ぶとき、グレードやボディカラーを決めるのにとても迷いますよね。 これにより、車両のLEDランプのちらつきが抑えられ、夜間でも見やすくなる。 プロパイロットは、高速道路での巡航時と渋滞時に、アクセル、ブレーキ、ハンドル操作など、運転手をサポートしてくれます。 下取りは必ず一括査定サイトを使うことをおすすめします! ディーラーでは 30万円の下取りが、 買取業者では80万円になることも多々あります。 形状があっていないときちんと固定できないため、カーペットがズレてしまうことがあります。 個人的には、競合車・ライバル車の一つでもあるホンダの新型ステップワゴン STEPWGN では、車内の後方を確認するミラーが備わっています。

Next