ハク 本当 の 名前。 千と千尋の神隠し。spirited away。本当の名を取り戻す。本当の名前。使命。諱。忌み名。

神隠しにあった千尋が契約書に名前を書き間違えた理由考察まとめ!

本心ではなかったとしても「ここで働きたい」という言葉を無視することができないのですね。 父: 平気だよ、カギは渡してあるし、全部やってくれるんだろ? 母: そりゃそうだけど…… 千尋 いやだ、わたし行かないよ! 戻ろうよ、おとうさん! 父: おいで、平気だよ。 その奇妙な町の珍しさにつられ、どんどん足を踏み入れていく両親。 " 湯婆婆: ヒッ!? 豚に化けた従業員たち おお当たりーー! みんな: やったあ!よっしゃーーー!!! 千尋: みんなありがとう!! 湯婆婆: 行きな!おまえの勝ちだ!早くいっちまいな! 千尋: お世話になりました! 湯婆婆: フン! 千尋: さよなら!ありがとう! 千尋: ハク! ハク: 行こう! 千尋: お父: さんとお母: さんは!? ハク: 先に行ってる! 千尋: 水がない…… ハク: 私はこの先には行けない。 ハンコを返しに行きたいという千に、釜爺は行きっぱなしで戻れないという電車の切符を渡して、銭婆の家の場所を教えてくれました。 " "力を振り絞って横穴に入る竜。 そんなひょろひょろに何が出来るのさ。

Next

【千と千尋の神隠し】ハクに隠された2つの正体…

そのハクに対して千尋の中に育つ感情に ついては、「愛じゃよ。 ハクの正体• 湯婆婆に弟子入りをし、弟子として湯屋の帳場を預かっている• " 千尋: あつっ…! "カンカンカンカン(ハンマーの音)" 千尋: あの……。 辛くても、耐えて機会を待つんだよ。 リン: 湯婆婆がカンカンになっておまえのこと探してるぞ。 こういう出合がしらの一言に女性は弱いです。

Next

本当の名前 : おがわじゅりの馬房

そのうちどんどん顔色が悪くなるし、目つきばかりきつくなってな」 引用元:映画『千と千尋の神隠し』より 帰る場所をなくした龍の神様。 湯婆婆は名前を奪い相手を支配するのです。 その腐れ神がお風呂に浸かっている間、千はあるものが腐れ神に付いているのを見つけます。 千尋の髪留めは、冒頭とラストシーンでは別のものに変わっています。 お食べ、ご飯を食べてなかったろ? 千: 食べたくない…… ハク: 千尋の元気が出るように呪い(まじない)をかけて作ったんだ。 水に流れていく靴。

Next

千と千尋の神隠しのハクの本当の最後は?その後や結末はどうなった?

父: 行くよ。 やってみな。 その理由も明らかになります。 今からおまえの名前は千だ。 "重さで潰れたススワタリの石炭を持ち上げる千尋。 ?……リン。

Next

まさに都市伝説!千と千尋の神隠しにある別のラストシーン説を本気で考察した。

猫の舌がザラザラなだけにツルツルの舌って 触り心地が実に良いんですよね。 ハクの正体 ハクの正体はコハク川の主で、ニギハヤミコハクヌシが本当の名前です。 おまえたち手伝ってくれるかい? 銭婆: ほれ、がんばって。 当然大工は勘弁してもらえるように交渉しますが、鬼は自分の名前を当てることができれば目玉をとるのは勘弁してやると提案します。 リン: ……おまえ、うまくやったなぁ! 千: えっ? リン: おまえトロイからさ、心配してたんだ。 ……魔法の傷は油断できんが。

Next

まさに都市伝説!千と千尋の神隠しにある別のラストシーン説を本気で考察した。

見な! 本物の金だ、もらったんだ。 湯女: 人臭くてかなわんわい。 何を出しても欲しがらず、家に帰るように言う千にカオナシは激怒。 リン: そーですかぁー?? 蛙男 匂う匂う、うまそうな匂いだ。 ハクと共に湯屋に戻ってきた千に湯婆婆は、たくさんの豚の中から両親を探せ、当たれば帰してやると言います。 従業員: いらっしゃいませ、お早いお着きで。 契約書の必要性 しかし、ここで1つの小さな疑問が生じます。

Next

千と千尋の神隠しあらすじネタバレ!結末で分かるハクの本当の名前!

"振り向こうとして、とどまる千尋。 千尋、もうすぐだよ。 あそこを出た方がいいんだよ。 それでも行くか千? 千: うん、帰りは線路を歩いてくるからいい。 しかもちゃんとハクは覚えていてくれた。 換気扇を破ってボイラー室に出る。

Next

千と千尋の神隠しのハクの本名は?ニギハヤミ八つ裂きの都市伝説!

なんの繋がりもないと思っていた二人には、二人だけの思い出があったのです。 ハルクくんの名前に込められた意味はわからなかったが、ヒイロちゃんには、 「太 陽 のように明るく温かい子に、そしてこの子がいるだけでその周りをパッと明るく 彩 るような、魅力的で才能溢れる子になって欲しい」という素敵な意味が込められていた。 湯屋があるあの世界は、昔話の浦島太郎の話(地上と竜宮城の時間の流れ)とは逆で、異世界で数日過ごしても現実世界では一瞬だったのかもしれません。 湯婆婆から「千」という名前に変えられた千尋は、油屋で働きながら両親を元の人間の姿に戻そうとするのだが…。 このあたりにも、名前についての古代的な 考え方の名残りが感じられますね。 しかもその続きのシーンは映像化、アフレコもされており、公開当時にはほんの短期間ですが映画館で実際に流されていたそうです。 いくらでも代わりはおるわい。

Next