スター ウォーズ 9 感想。 映画『スターウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレ感想&評価! 語ることのない薄い物語だなぁ…

映画『スターウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレ感想&評価! 語ることのない薄い物語だなぁ…

そして、レイがこれに触れた瞬間、 かつて自分もオーチの船を見たことがあること、そしてこの短剣を知っていることを思い出します。 (HPより) 他にもハックス将軍や、マズ・カナタ、ローズ、新キャラとして、フィンと共に行動するジャナや、マスクをかぶった謎の人物・ゾーリ、そしてパルパティーンも登場と、新旧そして既存が入り乱れる具合となっております。 カイロ・レンが最後に暗黒面を脱してジェダイ側として戦うシーンは良かったですね。 なんとハックスはレジスタンスのスパイになっていたのです。 もうポーとフィンはブロマンスの域を越えてる部分あった気がするんですよ。 そもそも彼の一体何処に期待する要素があったのか。

Next

映画『スターウォーズ エピソード9/スカイウォーカーの夜明け』ネタバレ感想&評価! 語ることのない薄い物語だなぁ…

でもさ「絵」以上の、「理由」を丸っきり描けてなかったんだよね。 修行もトレーニング・リモート使って、機敏な動きで爽快! でもごめん。 映画のキスシーンなんて美男美女だからこそ成立するものなのだと実感した。 EP6までの主人公達の苦労を全て無しにする敵は出したら興ざめもいいところ。 美人ならヘアスタイルと呼ばれる髪型もそうでない人がすると寝ぐせに見える。

Next

映画【スターウォーズ9】感想【ネタバレ】良かった点・悪かった点|40代からの挑戦!副業で月3万を稼ぐ!

。 ただ、本来の自分を受け容れろと言っていた2人の想いを継ぐなら、スカイウォーカーの名前を継がずに、パルパティーンの名前を受け容れ、そのまま堂々とした方がいいんじゃないかとも思うんですよね。 デジャリックで遊んでいる風景を見ると、エピソード4でルーク達と遊んでいた頃を思い出して、すごく懐かしい気持ちになります。 「『恐れ』があるから、って言って籠っていては何も良くならない。 キジミにもファーストオーダーのストームトルーパーたちがいたるところにいましたが、ポーの昔の友人であるゾーリの助けもあり無事にパブフリックの元に到着します。 まず間違いなく言えるのは 『あ、SWってのが人気なんだ! じゃあシリーズ1つもみていないけれど、映画館に行ってみよう!』という人には、全くオススメできないということかなぁ」 主「逆にそういう人の評価も聞いてみたけれどね。 なんで美男美女のヒューマン同士でいい感じにさせてるんだ? って疑問。

Next

『スター・ウォーズ ep9 スカイウォーカーの夜明け』 2chの反応・感想

あとですね、何ですか、この片思いの連鎖は・・・。 特に今作の見どころ・注目ポイントとなっていたのがこの2つでした。 と解釈してもいいけど、だいぶチートだよなぁとか、え~とどこをとっても粗が多い! とまぁなんというか、こういう議論をみんなとしてワイワイやるのが一番なのかなぁと。 名字聞くか? という疑問は良いとして、まあ後への伏線ですね。 海の底から現れたルークのXウィングに乗って、レイは惑星エクセゴルへと向かいました。 1ヶ月以内に解約すれば、料金の支払いもないので無料で『スターウォーズシリーズ』を観ることができるわけです。 せめてチューイの抵抗は見せてほしかった。

Next

『スター・ウォーズ ep9 スカイウォーカーの夜明け』 2chの反応・感想

ラストでベン・ソロが暗黒面を脱して、全てのフォースをレイに注入して救った後、最後のスカイウォーカー家のベン・ソロとレイアは消滅します。 フォースが強いスカイウォーカー家の血筋で、ジェダイ騎士になるべく運命付けられていたが、日に日に祖父ダース・ベイダーを崇拝する気持ちが高まっていく。 そこで自分も身を潜めようと考え、乗ってきた戦闘機を燃やし、ついにはルークから授かったライトセイバーも燃やそうとしてしまいました。 ミレニアム・ファルコン号の副操縦士かつ相棒として行動を共にする。 「ついに来たか」 とカイロレンを迎え入れます。

Next

ネタバレなし|スターウォーズエピソード9感想&評判!ラスト感動で涙?

そこにカイロ・レンが現れ…。 「レイ、俺は手を差し伸べた・・・お前は手を取りたかったはず。 『最後のジェダイ』で既にスノークがやってるからさ。 どうしても勝てないフィンとポーは、チューイにイカサマだろ?とはっぱをかけると、チューイ激怒。 ただ、今回に関してディズニーを評価できませんが、『ローグ・ワン』や『ハン・ソロ』という逸材や、そもそもスターウォーズフランチャイズを盛り上げ続けてくれているのは、「意図」は別として、一ファンとしては嬉しいものですね。 刺しといて回復って。 いや、なんか全体的にユルかったな…。

Next