タイトリスト u500。 タイトリストU500試打評価レビュー|難しさはあるが使いこなしてみたいユーティリティアイアン|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

タイトリスト「U500」「U510」ユーティリティアイアンを発売!『低弾道も高弾道も』自由自在に打てる!?

【操作性】8. (万が一ご出荷が遅れる場合はメールでご連絡致します) 商品のお届け日、時間帯のご指定も承っておりますのでご希望の方は下記からお選びください。 titleist. 最新モデルの発売のタイミングで、818H1、H2はマークダウンとなっています。 寄り過ぎていて特徴は読み取れませんが、U510の方が小ぶりに見えます。 商品到着後に必ず不具合、不足等がないかをご確認お願い致します。 U500は操作性重視、U510は寛容性重視ですね。 UST Recoil 95 graphite タイトリスト Uシリーズ U500 ユーティリティアイアン USモデル 購入. PRO Modus3 Tour 130 steel• シャフトは先中調子の純正「Titleist MCI Matte Black 70」装着モデルが4万円+税となっている。

Next

【楽天市場】タイトリスト 2019 U・500 ユーティリティ アイアン US仕様 PROJECT X HZRDUS SMOKE BLACK 90 HY カーボンシャフト [Titleist U500 UT ゴルフ]:Number7 ナンバーセブン ゴルフ

それでも形状としていびつなところはなく、スッと構えられるのはさすがタイトリスト! 打ってみると、U500よりさらに2段階ぐらい高い弾道が飛び出します。 と思いはずです。 「U500」(左)、「U510」(右) ツアープロの声を元に作られた タイトリストの「U500」「U510」は、同社が「ユーティリティーアイアン」と呼ぶアイアン型のUTで、ツアープレイヤーの声を参考に開発されたモデルです。 打ってみると、思った以上にボールが上がってくれます。 横から見た弾道では、黄色の U500の安定感が良く分かると思います。

Next

U•510

アイアン型UTを考えている方にはオススメ致します。 PRO Modus3 Tour 105 steel• ただUTは、フェアウェイウッドとアイアンの間に位置するクラブで、同じようなゴルファーが使用するにしても、打ちたい距離や用途によってスペックが大きく変わります。 後は、シャフト次第で変わると思いますので、そこは入念に試打をオススメします。 ちなみに、818シリーズは2017年の発売ですので約2年前のモデルということになります。 U500モデル 2 17度 , 3 20度 , 4 23度• titleist. 販売価格:26,800円(税込) 【レフティーモデル】引き締まったヘッドシェイプがプレーヤーの弾道イメージを明確にし、タイトリスト スピードがもたらす想像を超えるスピードで、ターゲットを確実にとらえていきます。 より遠くへ、そしてロースピンで前へ突き進む力強い弾道を実現するために、新しい2種類のモデルをラインアップしています。

Next

タイトリスト U500 U510 ユーティリティー、アイアン型とハイブリッド型の2モデル

ツアープレーヤーたちがタイトリスト R&Dチームへ求めたものは、ロングゲームでの高い飛距離性能と操作性を兼ね備えるユーティリティーアイアンの開発でした。 また、スピン量はとらえ方次第なので、スピン過多が悪いというわけでは無く高評価。 特徴も継承されるとすれば、U500の方は高弾道で飛距離性能が高いモデル、U510は強弾道で操作性の高いモデルということになります。 Mitsubishi TENSEI Pro Blue 70 HY graphite• 一方で、捕まりにくいだけでなくコントロールも難しいので難易度は辛口の評価になりました。 U510の方はフェース高がなく、横幅が長くなっています。 とはいえ、サイズがサイズだけに、大きく芯を外すとさすがに飛距離ロスは大きめ。 4~3. U500 3番アイアン U510 3番アイアン. そして球がよく上がる。

Next

【ジョーダン・スピースのクラブセッティング】2020最新!タイトリスト

コンパクトかつ薄いトップラインのヘッドシェイプが構えやすさを与えながら、L型フェースがスピードを最大化させ高比重タングステンにより高い安定性を同時に可能にするプレーヤーズ ユーティリティアイアンです。 セレクトショップ専用商品とのことで、MB,CBのように値引きほぼ無し。 ほとんどのメーカーにアカウントがございますので1本単位からお取寄せ可能です。 ちょっとしたウッド型UTに近い高さが出せますね。 5 高さも左右も小幅な範囲で曲げられます。

Next

タイトリスト U500 U510 ユーティリティー、アイアン型とハイブリッド型の2モデル

UST Recoil 65 graphite• フジクラ「MCI Matte Black70」(上)と、グラファイトデザイン「ツアーAD T-60S HYBRID」(下) [U500試打] 安心感はないが操作はしやすい UTとしてはかなり小ぶりのヘッドは、苦手意識がある方にはちょっとプレッシャーを感じるサイズ。 U500に使われている新しいテクノロジー• 左がU500、右がU510です。 自分が欲しい距離とその前後するクラブの重量やスペックをしっかりと把握し、長いほど軽くするといった、重さの流れを壊さないように選ぶとよいでしょう。 海外取寄せでご注文いただいているお客様には、商品納期でお待たせしご不便、ご迷惑をおかけしております。 打点のミスに強く、直進性の高い弾道が打ちやすいですが、つかまり具合がニュートラルなので扱いやすいです どういう使い方をしたいかでロフトやシャフトを決めたい U500、U510は、タイトリストらしいツアープロや上級者が求める「長い距離をやさしく攻める」ためのクラブでした。 「よく上がる」 よく上がるし、持ち球のフェードが打ちやすい。

Next