新幹線 大 爆破。 映画『新幹線大爆破』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

映画『新幹線大爆破』はこうして作られた

このミニチュアが非常に精密でハイクオリティなんですけど、それもそのはず、本作で特撮美術を担当したのは『』や『』などでデザイナーを務めたさんなのですよ! 成田さんが作り上げたミニチュアセットは細部に至るまで驚くほどリアルで、プロデューサーのさんも「実写で撮ったカットも入っているが、観客にはミニチュアと実写の区別がつかないだろう。 質問者1:健さんが主役を引きうけるまでの経過をお教えいただければ。 そこに新たな問題も起きる。 さらに三人は国外逃亡用のパスポートまで用意していました。 約1,500人の乗客を乗せた東京発博多行きのひかり109号は、9時48分に定刻通り発車。 上り線から下り線に戻るポイント付近に「ひかり20号」が接近していた。

Next

新幹線大爆破|動画フル無料視聴!映画配信でDVDレンタルより高倉健作品を快適に見る

ところがアメリカのプロデューサーと黒澤さんが対立して、結局流れちゃったんですけれども。 どうしてもっと慎重におやりにならないんですか!」 ほんとだよ! 倉持の声は僕の声の代弁でもあった。 門間:あ、レンタルしたわけですね? 佐藤:ええ、どこかの撮影所もずいぶん借りにきてたりしてました。 持って帰れ!!!!」 そしてクライマックス。 秩父鉄道で架線の上の渡り通路があるのは寄居駅。 右側が住友ビルと三井ビル。

Next

しんゆり映画祭ゲストトーク2002「新幹線大爆破」

当時「爆弾による脅迫」という作品の内容から国鉄が協力を拒否する事態になったため、隠し撮り撮影や模型を使うなど苦肉の策を駆使しながら製作が続けられたという。 解説 東京・博多間を走る新幹線に仕掛けられた爆弾をめぐって、犯人と捜査当局の対決を描いたサスペンス映画。 要するに、最も安全な対処は「まず列車を止める」だ。 そこで当時、の社長だったは「我が社でもパニック映画を作るぞ!」と思い立ち、タイトルも自分で「『』だ!これで行こう!」と決定(ちなみに岡田社長は世間の流行をいち早く取り入れることが大好きで、カで『』が大ヒットしていることを知るやいなや、「日本で公開される前にうちでも作れ!」と命じて『』を制作したのは有名な話ですw)。 門間「誰もがあまり幸せじゃないまま終わっていく。

Next

新幹線大爆破

新幹線と蒸気機関車っていうのは、ほんとに面白い取り合わせだと思いますけど。 西台駅を出た東側で刑事に発見され、高島平9丁目(現:セブンイレブン前=都道447号)で古賀が刑事に気づく。 新幹線の出発後に国鉄(注意:当時はJRではなく国鉄)本社公安本部に、爆発を仕掛けたという脅迫電話が入りました。 小高い丘は夕張市日吉になり、坂が見え、坂の下には青い屋根の建物が見える。 喫茶店サンプラザはなぜ燃えたのか 爆弾の図面を置いた喫茶店が燃えたのが最後まで気がかりだった。

Next

『新幹線大爆破』 佐藤純弥 1975 : なにさま映画評

脚本をフィリップ・マーロウの生みの親レイモンド・チャンドラーが書いている。 新幹線は上り線。 沖田がやりたかったことは何か 沖田が金をもらうと何がやりたいかと古賀に聞かれるシーンがある。 のスタッフは何とかして協力してもらおうと粘り強く話し合いを続け、側も「せめてタイトルだけでもどうにかならないか?」と妥協案を出すものの、岡田社長が「絶対にタイトルは変えない!」と突っぱねたため交渉は決裂。 撮影所全体が「面白れぇ、やってやろうじゃねえか!」という雰囲気になって。 佐藤:ええ、そこまではいかなかったですけどね。 特殊装置を施した爆弾は、走行スピードが時速80km以下に減速されつと爆発するというものです。

Next

【新幹線大爆破】NHKで放送、ぶっ飛びすぎる「新幹線大爆破」感想まとめ

シュノーケルカメラってのは、今はもう当たり前で、そんなもんことさら言うことじゃないんですけど、普通の大きなカメラを逆さまにつるして、その先にミラーをつくって、つまりこういう狭いところでも撮影ができるようなカメラ。 同年代のパニック系アクションではアメリカにすごい作品がありました。 それも今もってまだ映画やビデオ、DVD、映画祭であちこちやっていただいたりして大変幸せなんですけど、27〜8年前の映画からそれ以上のものをつくれない僕は恥ずかしいのと、悔しいのと、両方ありますけれども(笑)。 樹木等は昭和54年とほぼ同じようだ。 この映画はフィクションであり、突っ込みどころ満載ですが、ロケ地のみに留めます。 記者の一団を同乗させている点も踏まえ、当然マスコミが現場に詰めかけて報道しているはずで、あんな風にテレビで呼びかけが続くというのがあり得ず、一連の流れを考えても警察の動きとしてちっとも合理的ではない。 新宿副都心は、当時の中央が安田火災海上本社ビル(建設中)と京王ブラザホテル。

Next

高倉健「新幹線大爆破」を見た感想、喫茶店サンプラザの火災が最後まで気がかりだった

公開時の国内興行成績は不発に終わるも、海外では『The Bullet Train』、『Crisis Express 109』といったタイトルで公開され、ヒットを記録しています。 この映画、今回の放送では上映時間が184分だが、実際には192分あり、あまりの長さに会社側がカット。 さて本日、NHKBSで映画 『』が放送されました(13時~)。 1975年製作/152分/日本 配給:東映 ストーリー 約一五〇〇人の乗客を乗せたひかり一〇九号、博多行は九時四十八分に定刻どうり東京駅十九番ホームを発車した。 笑 とはいえ、作品自体は国鉄マンの優秀さを称える内容となっている。 映画『新幹線大爆破』の作品情報 (C)東映 【日本公開】 1975年(日本映画) 【原案】 加藤阿礼(坂上順) 【監督・共同脚本】 佐藤純彌 【脚本】 小野竜之助 【撮影】 飯村雅彦 【キャスト】 高倉健、山本圭、宇津井健、丹波哲郎、北大路欣也、志村喬、渡辺文雄、永井智雄、鈴木瑞穂、織田あきら、郷鍈治、竜雷太、小林稔侍、藤田弓子、田中邦衛、岩城滉一、宇津宮雅代、多岐川裕美、志穂美悦子 【作品概要】 犯人、鉄道職員、警察の息もつかせぬ攻防劇を描いた、1975年の東映パニック・サスペンス映画。

Next