コウケンテツ チャーハン。 コウケンテツ(料理研究家)のレシピはおいしい?作った感想や味を紹介!【SWITCHインタビュー】

ごごナマで紹介されたコウケンテツのチャーハンレシピのポイント!

A 長ねぎの青い部分:1本分• 今日の感想とまとめ 参考になりました。 6月6日放送• 韓国料理研究家の母親がきっかけで料理の道へ入ったんだそう。 アイス食べながら帰宅 特に何もしてないのにどんどん陽に焼けていく~ この時間だとまだ人歩いてません。 10月26日放送• 6月13日放送• 白いお皿ってね、よく見るといろんな表情があるんですよ。 11月23日放送• 最後までお読み頂きありがとうございました。 繊維が短くなって、口当たりがよくなります。

Next

コウケンテツさんが絶賛!素材のよさが際立つ「豚バラブロック」をシンプル調理で味わいつくす!

ここからが調理です。 みじん切り 1 切り離してしまわないよう、斜めに細かく切り込みを入れます。 子どもたちは食べないだろうという僕の予想に反して、あっという間に完食! 子どもの舌は繊細で敏感。 まだ若い方なんですね~、名前のインパクトからもっと年が上の人かと思っちゃいました。 メニューは、ゆで豚。 「コウさんが懐かしくて…」と、ちゃっかり料理のお手伝いを買って出る。 柔らかくジューシーでしつこくなく味がよく染み込んでいました。

Next

コウケンテツ(料理研究家)のレシピはおいしい?作った感想や味を紹介!【SWITCHインタビュー】

豚バラブロックをゆでてスライスし、野菜に巻いていただくシンプルな料理です。 かつては「男子ごはん」をはじめ、さまざまなメディアに露出して大活躍なさっていました。 1月11日放送• お母さんのところで3年間アシスタントを経て、その後コウケンテツさん自身も 31歳で「料理研究家として独立」しました。 初めて和豚もちぶたを調理したときのことは、忘れられないですね。 12月14日放送• 「フランスやオランダの古いオーバル皿をモチーフにしているのですが、そのままだと毎日使うには強度が少し頼りない。 鍋に豚肉とAを入れる。 木べらでご飯を押しながらゴムベラで切るように混ぜる。

Next

【ヒルナンデス】韓国風チャーハン焼肉のたれのレシピ|コウケンテツ【6月15日】

そんなコウケンテツさんを料理の世界へと導いたのが、母親の李映林さんでした。 お皿に盛り付け、かいわれを添えて完成。 みそ、長ねぎのみじん切り:各大さじ1• みじん切り 1 包丁の刃先で、縦に4〜6本切り込みを入れます。 材料は2人分 ゆで豚 豚バラかたまり肉 1本 約500g 水 2L 塩 小さじ2 1. フライパンを振ると火力が弱まるので、そのままにしておきます。 ナンプラー・しょうゆ・砂糖・酢・レモン汁・にんにくの輪切り・唐辛子を器に入れてかき混ぜて完成。 最上級の賛辞を贈られました。

Next

【ヒルナンデス】コウケンテツさんの手作り調味料レシピを紹介(6月15日)本格焼肉のタレ・万能ねぎ塩だれなどの作り方

良質な食材を選ぶことの大切さを改めて確認することのできた経験です」 保存版! コウさんおすすめの「ゆで豚」レシピ 普段は豚肉嫌いのお子さんたちまで箸が止まらなくなってしまった、というコウさんの「ゆで豚」。 4月4日放送• 煮立ったら弱火にし、アクをとりながら25〜30分ほどゆでる。 まぐろにネギ塩だれをかけ、1~2分漬ける。 コウケンテツさんの紹介 今回レシピを教えてくれたコウケンテツさんは、大阪府出身の人気料理研究家。 水けをきるときに、ざるなどに上げればパリッと(画像右)、ふきんなどに包んで流水の下でもみ洗いし、水分を絞ればくしゅっと(画像左)させることができます。 その間にサラダをつくったり、洗い物をしたりとほかの作業ができるのもうれしいですね。

Next

【ヒルナンデス】韓国風チャーハン焼肉のたれのレシピ|コウケンテツ【6月15日】

和豚もちぶたの脂は、甘みがあって上品。 今回のメニュー「チョップドサラダ」は食感の違う数種類の野菜やナッツなどをドレッシングで和えたものでNYで大人気。 「コウさんが懐かしくて…」と、ちゃっかり料理のお手伝いを買って出る。 まず具材の下準備ですが、 チャーシューは小さめの角切りに、 ネギは輪切りに、 青ネギは小口切りにします。 レシピを参考に作った料理はこちら 「ラフテー」 まずはラフテー用に、ゆで豚を作ります。 実だくさんの汁ものの具などに。 5月2日放送• ・コウケンテツさんは親が韓国人の「在日韓国人二世」 現在45歳 ・母親(料理研究家)のアシスタントをしたことで料理研究家へ転身した ・テレビ出演や料理本など出している ・作ったレシピは「ラフテー」で時間はかかるがとても美味しかった 本当に味がよかったので、みなさんも興味がありましたらぜひ一度「コウケンテツ」さんのレシピで料理を作ってみてください。

Next