ご 査収 の ほど 意味。 「ご査収ください」の意味と使い方、返事の仕方、「お納めください」との違い、類語

「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方

確認すべき書類もないのに『ご査収ください』と書き、相手を戸惑わせてしまうケースもあるようです。 日頃お世話になっておりますお礼に、持参しました。 「ご査収ください」の場合は、確認する資料等があるとき いかがでしたか。 ご査収に対しては「中身を確認し、受領した」という返事をする、このことをぜひ覚えておいてください。 つまり証明してほしいのではなく、あくまでも確認して受け取ってほしいという前提である以上、確認を依頼する場合は「ご査収」の方が正しい表現だと言えるでしょう。 無理して難しい言葉を使う必要はありませんが、難しい言葉に触れたときは意味を調べる癖をつけると良いでしょう。 仕事のメールで『ご査収ください』という文言を使っている人も多いでしょう。

Next

「ご査収(ごさしゅう)」とは?正しい意味と使い方

ご一読 「ご一読」は 「ごいちどく」と読みます。 よろしくご査収くださいの意味とは? よろしくご査収くださいとはよく確認してから受けとって下さいという意味 「よろしくご査収ください」とは、よく確認してから受けとって下さいという意味です。 。 お手数ですが、ご査収のほどお願いいたします。 ただ、使うのなら言葉の意味や使い方をきっちりと理解していることが必須条件、さらには双方がどれだけ言葉の意味を共有できているかなど、使ってもいいシチュエーションなのかを臨機応変に判断することが必要です。

Next

間違う人も多い「ご査収」の正しい意味・使い方・例文

査収の「査」には調べるという意味があります。 親しい相手に、「笑って受け取ってください」と伝えるときに使います。 例: 「にて」「とも」「ども」「ば」など ご質問文は述部が省略された口語表現です。 請求書を同封いたしますので、ご査収くださいますようお願い申し上げます。 ここでは、「ご査収」の意味や使い方などを紹介いたします。 丁寧な言葉で「よく確認してから受け取ってくださいね」とうながす言葉ですが、「ください」は「くれ」を丁寧に表現した命令形であるため、目上の人に使用するのは避けた方が無難です。

Next

ご査収くださいの意味と使い方!返事の書き方?査収と確認の違い?

この場合は、よく確認して受け取ってから、お願いをする文章になります。 今回は、「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方について紹介しましたが、これでいきなり「ご査収」を使われてもハラハラすることはありませんね。 」 そんなことを考えてしまう方もいらっしゃると思います。 ご査収とご精査の違いは収めるという意味は含まれているかどうか 「ご査収」と「ご精査」の違いは、収めるという意味は含まれているかいないかです。 簡単に言うと、「添付書類をよく確認してから受け取ってください」ということになります。 たとえば『どうぞご査収してください』を検証するなら、査収を指導に変えてみる。

Next

「ご査収」という言葉の仕事上での正しい意味と使い方

「ご査収」と「ご確認」では似たようなニュアンスが含まれます。 「ご高覧」の「ご」は、尊敬語の接頭語になります。 「ご」が付いているので尊敬語となり、 目上や取引先相手が査収を行う場合に使用します。 「収」とは収めるという意味で受け取ることを意味します。 しかしメールで書類を送る場合は、相手に声のトーンや態度が伝わらないので、それではやや不十分です。 してください、というお願いよりもとても丁寧で柔らかい印象の文章になります。 ご査収の前に「よろしく」をつける事で、さらに丁寧な言い回しになっています。

Next

ビジネスで使う「ご査収」の意味と正しい使い方(例文付き)

ただ「〜ください」は命令形になりますので、目上の相手には「くださいますようお願い申し上げます」などと言い換えると良いでしょう。 お受け取りください 「受け取る」は、「自分のところに来たものを手で取って持つこと」を意味しています。 よく、メールなどで「よろしくご査収ください」という言葉が入っていることがあります。 本日の会議資料を改めてお送り致しまし。 「ご確認」の例文 ・お時間のあるときに、書類をご確認ください。 前回と変わりありませんが、念のためご査収ください。

Next

『ご査収』の意味とは

例1:請求書を送付いたしました。 ささやかですがお受け取りください。 文語体である「ご査収」はテキストのみで使用します。 ・明日の会議資料を添付致しましたのでご査収ください。 <そもそもこれは正しい日本語なのでしょうか?> 正しくないとは言えないと思います。

Next

「よろしくご査収ください」は正しい日本語ですか?

例えば、添付ファイルなどがない場合でも「ご査収ください」とあると、受け取った相手は何を調べるべきなのかわかりません。 目上にも取引先にも使える言い回しです。 ここからは 上司や取引先に対して失礼にあたらない「ご査収ください」の使い方を確認していきましょう。 また、単に「よろしくお願いします」を「よろしくお願いいたします」にするだけでも印象が随分変わります。 資料やデータを添付していないときには使いません。 そこで以下では、特に用いることの多い相手ごとに、どんな例文があるのかを見ていきます。 ですので、メールで「ご査収ください」と来ても意味が分からないということもあるのではないでしょうか。

Next