ルイス ウェイン。 ルイス・ウェイン

ルイス・ウェインの猫

それは正に、悲劇の連続の人生でした。 」 努力せずしてその画風を身に着けたのか、家族を養い、妻を亡くすという逆境の中で辛酸をなめつつ到達した技法であったのかどうかはわかりませんが、こうした作風は同時代のどんな他の画家とも違った独特なものであり、それだけにまた後世の評価も高いものになっています。 こうした作品をウェインは非常に多数この時代に描いており、多作な画家として知られています。 彼は1960年代以後、ウェインの諸作品には制作日付がなく、先の制作順序も特定の意図に沿って作られたものだったことが判明しつつあるにも関わらず、「『精神病的悪化』という架空のできごとについての表象は驚くほど根強」く、この一連の作品は「精神病院のアートにおけるモナリザ」になったと言う。 ウェルズ)などが中心となって政府への働きかけがなされるようになり、その結果当時の首相の介入により、彼の治療環境が改善されることが決まりました。

Next

ルイス・ウェインの生涯

・ライター個人を誹謗中傷するような書き込み• こうしてウェインが64歳になったとき、彼の言動や暴力に耐えきれなくなった姉妹はついに、彼を入院させることを決めます。 ウェインは多作な画家として知られており、以後30年間で残した作品は数百にも上ると見られる。 しかしこの旅先でも金銭感覚の欠如が露呈し、後先を見ないで土産物を買いこんだといい、このためにせっかく得た講演料や画代も使い果たし、懐具合は旅行前よりさらに悪化してしまいました。 6人兄妹の長兄であり、彼以外の5人は皆女の子で、彼女らは皆未婚のまま共に生活し生涯を終えました。 現在では、ロンドン中心部のトレンディスポットであり、クラーケンウェルはロンドンを代表する食通の街として世界にその名を轟かせている町です。

Next

【美術解説】ルイス・ウェイン「統合失調者になった猫画家」

マリルボーン界隈にピーターを連れて引っ越したルイスは、ますます自閉的になりつつも、以後、大量の仕事をこなしていくようになります。 ウェインは「レストランなどにスケッチ・ブックを持ち込み、その場にいる人々を猫に置き換えて、できるだけ人間臭さを残したまま描く。 童顔で可愛く見えますが、義理恥で繰り出される流暢な京都弁と同様、才能のかたまりでその行方に目が離せません。 一方2012年、ケヴィン・ヴァン・エーケレン博士は、ウェインの初期の物語作品、たとえばLouis Wain Kitten Book 1903 などには、すでに精神病的な徴候が現れているという説を提唱している。 気が向けば以前のように猫の絵に取りかかったが、その作品は原色を多用した色使い、花を模した抽象的な幾何学模様などで構成されている。

Next

ルイス・ウェインの生涯

ウェインは「レストランなどにスケッチ・ブックを持ち込み、その場にいる人々を猫に置き換えて、できるだけ人間臭さを残したまま描く。 従って、下記の内容にあたる悪質と捉えられる文章を投稿した際は、投稿の削除や該当する箇所の削除、又はブロック処理をさせていただきます。 さらに時間が経過すると、ウェインの描く猫たちは後ろ足で立って歩き、大口を開けて笑い、豊かな表情を有して当時の流行の服装を着こなすようになった。 この時期を境としてウェインの人気にもかげりが見え始めるようになり、50を過ぎるころからはこれと歩を合わせるようにして精神的にも不安定さが増していきました。 ルイス・ウェイン(Louis Wain)は、猫を対象とした作品で知られるイギリスの有名画家です。 彼女はウェインよりも10歳年長でしがが、これは当時のイギリスではやや問題視されることでした。 しかし、精神状態が不安定だったこともあり、彼の作風はガラっと変わりました。

Next

ルイス・ウェインの猫

ロンドンもやっと、ついに、だいぶ暖かくなってきた、と思ったら真夏日、そしてまたクールダウン。 彼の絵にそれがすべて表れているように思います。 その他、ルイス自身の目や研究を通して確立した自説の中には「猫を愛する人はみな、最も優しい気性の持ち主である」というのもあり、にっこりさせられるんですが。 エミリーが病に苦しんでいるとき、彼女は一晩中、雨の中で泣いていた迷子の 白黒の子猫のピーターを救い出してかわいがっていた。 23歳のとき、ウェインは妹の家庭教師であったエミリー・リチャードソンと結婚する。

Next

猫で有名な画家「ルイス・ウェイン」作品と心の病

入院中に描かれた作品の多くはこれとは異なり過度に抽象化されている。 ルイス・ウェインの生涯は、決して穏やかなものではありませんでした。 では、病気時の絵と比較されるのがよくないことなのでしょうか? それは、また違うと思います。 しかし彼がお金に困っていて、贋作も多く出回っていたという事実を知った今では、正直ちょっと心苦しく感じられたりもします。 が、いずれはまたこの世に生まれ変わって、これとはまた違った画風で我々を楽しませてくれるに違いありません。

Next

エっ!?自らを実験台に?精神が崩壊していく様子を描き続けた究極の猫世界がスゴイ!

しかし、さらに作品が洗練化されてくると、ウェインの描く猫たちは後ろ足で立って歩くようになり、大口を開けて笑い、豊かな表情を有して当時の流行の服装を着こなすようになっていきました。 そして、ルイス・ウェインが23歳の時、妹の家庭教師をやっていたエミリー・リチャードソンという女性と結婚をします。 ジョージ・アンリ・トンプソンといペンネームでさまざまな児童本の挿絵の仕事をしていたという。 エミリーが亡くなって、家に残された画家ルイス・ウェインと猫のピーター。 人気が高かかったにもかかわらず、ウェインはいつも金銭に困っていた。 1939年、ルイス・ウェインはこの病院で人生の幕を閉じましたが、病院の猫に囲まれて後期は穏やかな性格を取り戻しつつあったといいます。

Next